高音が裏返る発声素人でもできた“1日15分の練習”でワンオクTakaのように歌い、カラオケをライブハウスにする方法

22歳のボイストレーナーが行う、様々なメソッドを初心者目線で書いていくブログ。最大4オクターブ、相対音感を身につける方法

初心者でも失敗しない「地声ミックスボイス」の習得手順

f:id:Tomii109:20190615133014j:plain

 

「難しい・・」

 

なんどもそう思わされました。

 

今でもミックスボイスの完成度を高めるべく練習中ですが、

独学迷走→悩みがなくなった現在の経緯からいうと

呼吸から見直して体そのものを歌仕様に作っていくこと。

 

 

これに行き着くかと思います。

 

 

独学の人は情報の錯綜する世の中のせいか小手先のやり方を先に始めるので、

体づくりや基礎が抜け落ちてしまっています。

 

 

なのでボイトレ開始〜2、3ヶ月はよくても

その後平行線になりやすく、ほとんど上達できません。

 

 

 

なのでもしあなたが

1年以上悩まされているのであれば

本質的な基礎をまだ知らない可能性が高いです。

 

 

そして今回はそれを踏まえてミックスボイスの習得を

ゴールとしたとき、

どんな手順で体作りを行なっていけばいいかを説明します。

 

 

 

 

1エッジボイスとかヘッドボイスとか

最初やる意味がない人もいる。

 

 

今までのミックスボイスの価値観として、

「エッジボイスで声帯閉鎖を強くする」

とか、

「ヘッドボイスから響きを強くする」

 

みたいなやり方が主流でした。

 

 

しかしこれでは「歌に対応できる体造り」

ができていないが故、

 

曲に使えない。

歌になると張り上げになる、

満足できる声じゃない。

 

というようになってしまいます。

 

 

2ミックスボイス(一本化)までの4つの道のり。

 

呼吸と発声をよくして

ミックスボイスを健康的に習得するためには、

次の4つの習得手順があります。

 

  1. 呼吸(吸う深さと吐き方)のトレーニン
  2. 裏声独立のトレーニン
  3. 地声と裏声をつなぐトレーニン
  4. 地声と裏声を浸透させていくトレーニン

の4つになります。

 

 

1〜4のトレーニングの細かな方法については

次回からお書きしていきますが、この順番どおりに行わないと、

発声グセが取れず長い間上達できない可能性が高くなります。

 

 

カラオケ中に力みすぎて裏返ったり、

声が数曲で枯れたりしていませんか?

 

 

この手順を丁寧にやっていけば必ず高い声でパワフルに歌える日は来るので、

以下の改善法を試してみてください。

 

 

 

3力む場合(中高音)の対処法

 

 

力みの原因は

声帯の過剰閉鎖呼吸の浅さです。

 

呼吸の土台が浅いがゆえに

パワーポイントを喉の一点に集中させてしまい、

強いガラガラした喉声が生まれていきます。

 

 

声帯の過剰閉鎖は「最初気づけない。」

 

高音域では悩みのタネが顕著に出ますが、

低音域や話し声のトーンの発声は

あまり気にしたことがないと思います。

 

 

僕も独学の頃には気づけませんでした。

なんせ知識も感覚も、最初無意識で行なってるからです。

 

 

これは覚えておいてほしいのですが

人が声を発する時、必ず声帯は閉鎖します。

 

息が通る

→声帯が閉鎖する

→原音が生まれる

→口、喉で響く

→話し声として聞こえる

 

というステップです。

 

なので声帯閉鎖を強くするうんぬんを

声帯だけで行う、解決することはできません。

 

 

閉鎖だけで処理→強い喉声の高音

呼吸を使った処理→歌声にふさわしい響きと芯

 

 

が生まれていきます。

 

 

対処法1・鼻から満タンに空気を吸う

 

対処法でまずできるのが、呼吸を深くするべく

吸気(息を吸うこと)を最大限行うことです。

 

鼻から息は吸ってください。

 

よく無意識に口から

「ハーっ‼︎」と息継ぎする方が多いですが、

口から吸うと喉が乾燥して声が枯れやすい原因になります。

 

 

鼻から息を満タンに吸ったら

お腹だけでなく、胸や腰回り、様々なところに

空気が入ったことが感じられるはずです。

これが、喉声改善のための呼吸の一歩になります。

 

 

 

 

対処法2・細く吐いて、秒数をコントロールする

 

たくさん吐いたら

次はそれをコントロールして吐く練習をします。

 

吐く練習といえども、

「たくさん息を吐け‼︎」ということではなく、

むしろ息は口から少なく吐くようにしましょう。

 

 

たくさん息が漏れてしまう人は

横隔膜がすぐに上がってきてしまい

声が支えられていないので、

声量がどんどん上がっていくか、

高音で裏声に逃がしてしまいます。

 

 

4超高音(HiC以上)への対処法


【HiC】地声ミックスボイス練習 その①

 

ミックスボイスを習得したら

流行りのONEOKROCKやOfficial髭男dism

を歌いたいですよね。

 

 

そしてそこで重要になってくるのが、

HiC(高い高いド)以上の高音域です。

 

 

これは4ステップの1と2ができれば

すごく簡単に出せるようになってきます。

 

この音域のミックスボイスの感覚としては

体感は裏声のほうに近い、

でも力強く出せる楽な発声

です‼︎

 

ミックスボイスの高音域習得法

 

ミックスボイスの習得は順番が大切です。

冒頭でも話した通り

いきなりエッジボイスやヘッドボイスを強めて一本化ができる人は

ほぼいません。

 

 

いたらもともと1〜4のバランスが整ってる人

ということになります。

 

 

 

僕も地声は高くないですが、

地声が高い人は1〜4のバランスが

自然と整っている=ミックス型の発声

 

というだけなので、

地声が低くてもミックスボイスの習得は可能です。

 

 

 

5まずは今すぐできることから始める=最速上達‼︎

 

 

ミックスボイスと聞くと

「高い声につながる練習」のみをしてしまいますが、

 

楽に出せるミックスボイスを習得するのであれば

間違いなく呼吸から改善するのがオススメです。

 

 

とても基礎の基‼︎

地味すぎてやりたくないかもしれませんが、

独学で行き詰まっている方は

はじめてもいい頃かもしれません。

 

6まとめ

 

ミックスボイスは誰でも習得が可能です。

記事の内容をまとめると、

 

  1. 4ステップ(呼吸→裏声→連結→浸透)を守れば誰でも習得可能‼︎
  2. 力みの原因は「過剰な声帯閉鎖」と「呼吸の浅さ」
  3. 高音域は4ステップを守れば楽に出せる‼︎
  4. 「小手先の高音練習」〈 「すぐ取り組める練習」=最速上達

 

の4つになります。

 

 

そして次回からは4ステップの1つ目。

初心者でも1ヶ月で2倍の安定感になる

真の呼吸トレーニン

についてお伝えします‼︎

 

 

 

 

 

では‼︎